メニュー

当院の治療方針と特徴

原因の追求から補助生殖技術(ART)を用いた高度不妊治療まで
患者さん一人一人に合った治療提案をいたしております。
熟練の技術を持ったスタッフたちが力強くサポートいたします。

自然周期・低刺激周期を基本にした体にやさしい人工授精、体外受精をおこないます。
  • 卵巣過剰刺激症候群の予防・重症多胎妊娠の予防に努めています。
  • 40歳以上の方も最高の治療に挑戦します。
  • 不妊治療専門の設備を完備しています。{培養室(クリーンルーム)・EMBRYOSCOPE TIME-LAPSE-SYSTEM・コンピュータ補助レーザーアシストハッチングシステムなど}
  • 不妊治療専門の技術と充実したスタッフが治療のお手伝いをいたします。

「優しく」「自然に」を基本に据えて―

当院では「自然周期」「低刺激周期」を基本とした体に優しい人工授精・体外受精を行っております。例えば、排卵誘発剤の頻回な使用は卵巣過剰刺激症候群を招くなど、デリケートな女性の身体に対して大きな負担をかける可能性があります。当院ではできるかぎり排卵誘発剤を使わない『自然周期』を基本とし、患者さんが本来持っている力を最大限引き出すための診療に努めております。また、重症多胎妊娠等の予防にも意識高く取り組んでおります。

一般不妊から体外受精まで幅広く対応しています

当院では一般不妊から体外受精まで幅広い診療内容を扱っております。通常の婦人科診療はもちろん、超音波検査・子宮卵管造影・精子検査・不妊関係ホルモンアッセイ等、外部に依頼することなく迅速に結果をお知らせいたしております。

原因がどこにあるのかを見つけ出すために必要となる基本検査は2~3か月程度をめどにするなど、スピード感にもこだわった診療を心がけています。
人工授精であればおよそ5周期程度をベースに、結果に応じてさまざまなステップアップをご提案いたしております。年齢や病因など一人一人の患者さんの特性に応じて個別性の高い治療内容をご提供いたします。

判断を必要とする場面においては、患者さんが極力不安なお気持ちやお悩みにならないように、納得ゆくまで丁寧にわかりやすくご説明させていただいております。ご来院の際には『Dr.Aのよくわかる生殖医療』と『Dr.Aのよくわかる体外受精-胚移植』のテキストを差し上げております。

はじめての方も安心して治療にのぞめるためのガイダンスを毎月実施いたしております

不妊治療については不安なことや疑問点も多いと思います。当院でははじめてお越しの患者さんに対して、心身ともに安心して治療にのぞんでいただけるためのガイダンスを実施いたしております。まずは不妊治療に対する基礎知識を丁寧に学びながら当院の治療方針をご理解いただき、目線をそろえてのスタートラインに立つことを目標にできればと考えています。

ガイダンスは患者さんと当院とを繋ぐ大切なはじめの一歩です。お仕事で日中の通院が難しい方にもご参加していただきやすいように夕方開催など月に数回実施いたしております。所要時間は1時間~1時間半程度で、1回につき定員は25名ほど。すぐに満席となってしまう人気のガイダンスとなっています。費用は無料ですので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。ガイダンスをお受けいただくことで、初回の診療から患者さんの個人的なお悩みやご希望にも深く細かくお伺いすることができます。

不妊治療ガイダンスご予約専用ダイヤル:03-3605-1149

卵巣年齢がわかる「卵巣予備能検査」が受けられます

卵巣予備能検査(AMH検査)とは卵巣にあとどれくらい卵が残っているかがわかるチェックです。発育過程の卵胞から分泌されている抗ミュラー管ホルモンの数値を計測し、それを元に卵巣年齢を弾き出す検査です。卵巣年齢は実年齢とは異なり、個人差が非常に大きなものです。妊活におけるライフプランを検討するうえでもひとつの重要な指標となりえます。抗ミュラー管ホルモンの数値が低い場合には早めのステップアップをご提案するなど、今後の治療方針を検討する際にもとても有効となる検査です。

最新鋭の高性能機器を導入しています

当院では大切な受精卵をお預かりするため、高性能な生殖医療機器の充実と環境維持に努めています。

  • 培養室
    受精卵を取り扱う培養室は高清浄度なクリーンルームとなっています。高い空気清浄度が確保され、外部からの塵埃などの侵入を徹底して防ぎます。胚培養士による熟練した作業の安全・安定性をより高め、高いレベルでの作業の均一化を目指しています。
  • タイムラプス培養器
    従来の培養器では観察のたびに受精卵を器内から取り出すという工程が必要でした。しかし、最新鋭のタイムラプス培養器の導入により受精卵を外に取り出すことなく状況を逐一確認できるようになりました。これにより受精卵が受ける影響を最大限にまで軽減することが可能となり、いつでもリアルタイムな受精卵の状態をいつでも観察できるようになりました。
  • コンピュータ補助レーザーアシストハッチングシステム
    受精卵は覆われた透明帯を破ることで胚盤胞の中身が子宮内膜に根づき孵化(ハッチング)します。しかし、その透明帯をうまく破れなかった受精卵は孵化しにくく、着床障害の原因のひとつとして考えられています。当院ではあらかじめこの透明帯部分に穴や切れ込みを入れることで受精卵の孵化を手助けする取り組みを行っています。着床率の向上も期待されます。

女性医師の診療も可能です

毎週月曜日・木曜日に加え、隔週の土曜日には女性医師が診療いたしております。女性医師の診療ご希望の場合にはその時間帯にお越しください。

お一人での気軽なご相談もお受けいたしております

通院にあたっては無理にご夫婦そろってお越しにならなくてもかまいません。お一人だけでの気軽なご相談も当院では随時お受けいたしております。

お子さんと一緒に通えるクリニックです

小さなお子さんがいらっしゃる方にも通院しやすいようにキッズルームを完備しています。低年齢のお子さんほどお母さんと離れて過ごすことは難しいものです。当院では内診室にもお子さんと一緒に安全に入れるための工夫を取り入れています。

男性不妊のご相談は土曜日に

男性不妊については土曜日に専用の時間帯を設け、精子の状態などを詳しく診ることのできる専門医にご相談いただけます。年々、男性希望者が増加しています。何に対してどのようにアプローチするかといった部分を的確に見極め、はじめての方にもわかりやすくご説明させていただきます。

信頼できるクリニックであるために―

大切な新しい命を迎える現場です。重大なミスを引き起こさないためにも、当院では厳重なチェック体制などさまざまな取り組みを行っております。人工授精をご希望の場合には、外来の受付時よりプライバシーを重視した診療体制を取るなど、患者さん側がリラックスして安心して通院できることを第一に考えています。わからないことや不明点がございましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。

さまざまな検査や専門的な治療に入るほど複雑で難しい内容となる可能性があります。患者さんには心を尽くしてわかりやすくご説明させていただいておりますが、ご質問は電話やメールでも受け付けております。いただいたご質問には可能なかぎりお返事させていただきます。

患者さん側としてもご自身で健康診断をお受けいただくなど、身体の異変に早期に気づける体制を取っておくことは不妊治療を進めていくうえではとても重要なことです。手を取り合い、安心して頼りにしていただけるパートナーとして、私たちはこれからも誠実に患者さん一人一人と向き合っていきます。

心身ともに健康な状態で不妊治療にはのぞんでいただきたいと切に願います。
当院でも全身状態の確認や甲状腺のチェックなどには特に力を入れており、一人一人の患者さんに対してベストな治療方針をご提案いたしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME