医療法人社団 ひとみ会 臼井医院 不妊治療センター Dr.Aにメール ホームへ
医療法人社団 ひとみ会 臼井医院 不妊治療センター
不妊外来 診療時間案内 外来の予約制について 所在地
不妊外来

先生のご紹介

初診
問診・血液検査・超音波検査・分泌物検査等
初診時に一般的診察とともに、不妊原因があるかホルモン検査等をおこないます。またなるべく早い時期に精子検査を受けましょう。ある程度原因のわかっている方は今後の作戦を考えましょう。
排卵のチェック
排卵日の推定は不妊治療でもっとも重要なところです。超音波、血液検査で排卵日を推 定していきます。
ヒューナーテスト
排卵日前の頚管粘液の多い時期に夫婦生活を持った後の頚管粘液中の精子の数運動率を調べます。
抗精子抗体検査
精子の動きを止め受精を拒む抗体です。 この抗体があると通常の治療では妊娠しづらいので体外受精が有用です。
子宮卵管造影
子宮の形や、卵管のとおり具合、卵管周囲の癒着をみます。当院の検査は、あまり痛みを伴わないように工夫しています。結果は、ビデオテープでお見せします。

上記の検査を組合させて3ヶ月間排卵日にタイミングを取るタイミング指導または、排卵誘発剤を組み合わせたタイミング法をおこないます。


この間に妊娠しなかった方は、原因究明のため内視鏡検査をお勧めします。この検査は、入院が必要です。この検査では、不妊の原因探求だけでなく、子宮卵巣、卵管周囲の癒着剥離や、卵巣嚢腫の摘出などをおこなうことができます。または、人工授精にステップアップします。

次のステップは、人工授精を5回おこなっても妊娠に至らない方は次のステップ体外受精の適応になります。
残念ながら不妊の治療には年齢というアゲインストな風が吹いています。40歳以上の方は早めに人工授精や体外受精という確率の高い方法にすすむことをお勧めいたします。


先生のご紹介
不妊治療の当院の特徴
治療の流れ
妊娠率をあげるための特殊治療
人工授精・体外受精の費用
培養室へよくある質問
Copyright (C) USUI CLINIC All Rights Reserved.